断食エンジョイ勢 最終日

最終日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで僕の断食はマンモスフィニッシュで終わりました。
いやー辛かった。
ここ数年で久しぶりに本気の「辛い」を味わいました。

 

今回の断食で分かったこと

まず最も重要なことですが、「僕のようなもやしは断食をしてはならない」ということ。
何を当たり前のことを言っているんだとか、やる前からやめとけって言ったやんけって声がすごい聞こえてくる気がしますが、うるせー黙れ黙れーい俺はそれでもやってみたかったんだよ!

とにかく風邪を引いたような感覚とそれが悪化していくだけで何もない。
内臓が休まるという感覚どころか胃が炎症している感じが止まらない。
ひたすらに気持ち悪さが続くわいきなり胃がバクバクし始めて止まらないわでろくなことがない。

これもし1人でやってたら「断食とはこういうものである」とか勘違いして無理に続けて死んでたかもしれない。
死ぬは大袈裟だとしても、コーチのアドバイスがなかったら本当に入院沙汰とかになってたかもしれない。
コーチに感謝。いや、マジで。

 

次にせっかくの週末なのに「つまらなさが半端じゃない」ということ。
エネルギーがなさ過ぎて何をやるのもめんどくさくなり、体力もないので寝る時間も増えまくる。
せっかくの空腹感をただただ無駄にするだけ。

なんというか、三大欲求の1つの「食欲」を奪われるというのがこんなに辛いことだとは思いませんでしたね。
三大欲求の1つを奪うってもうこれ「去勢」されているようなもんですよ。
犬や猫も去勢されるとこのくらいダメージを受けるんですかね?
だからあんなに大人しくなるのか?
こう考えると人間のやってることってかなり恐ろしいような…

食欲という三大欲求の大きさを知れました。

 

 

とりあえず僕以外の断食部のみんなはとても順調です。
健康効果はそれなりにあるんじゃないでしょうか?
僕には一切ありませんでした。
センスゼロ、むしろマイナスだな。

 

結論:BMIが標準より下回る人は断食しない方がいいです。

今年のノーベル賞、いただきだぜ!(CV:宮崎一成)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。