ドラゴンボールファイターズ 青年悟飯&純粋ブウのシナジーについて

 

昨今の強キャラにまず挙がる「青年悟飯」と「純粋ブウ」の2人。
僕はこの両方をチームに入れていますが、今回はそのチームならではのテクニックなど、いわゆる「シナジー」についてです。

原作漫画で全盛期の青年悟飯と唯一戦ったことがあるのは純粋ブウなので、相性はバッチリでしょう。(関係なし)

 

表記の仕方
弱:L 中:M 強:H 特殊:S

 

 

シナジー1.百裂固めの強化

青年悟飯の強さを語る上で欠かせないものは、なんといっても百裂固め。
とりあえず動画にしました。

アシストを呼ぶタイミングは「2Hとアシストを同時押し」で大丈夫です。
動画では低空ダッシュJMとJ2Sで択を掛けるために百裂をLではなくMにしています。

このように画面中央でもお手軽に百裂固めを強化出来ます。

 

 

シナジー2.中央でも百裂コンボを伸ばせる

コンボの内容は見ての通りです。
コンボに組み込みにくい純粋ブウのアシストを綺麗にコンボに組み込めるので、とてもシナジーを感じますね。

アシストを呼ぶタイミングですが、「2M>M>3H(jc)>JH>236L>アシスト」のときは「JHずらしアシスト」とすると良いです。
「JHと同時にアシスト」でもほとんどのキャラに当たりますが、セルや21号などの一部キャラに外れやすいのでずらしアシストで統一した方が良いと思います。

また、超ダッシュからの「超ダッシュ>JM>JH>236L>アシスト」は逆に「JHと同時にアシスト」の方が安定します。
理由は知りません。

 

こんな感じで中央でもコンボを伸ばせる上、運び距離も伸ばせます。
もし端で組み込みたい場合は「JHと同時にアシスト」で組み込めますが、ループするわけではなくアシストのダメージが乗るだけなので、さほど旨味ないです。

 

 

シナジー3.覚醒百裂ループにも組み込める

こちらも内容は見ての通りです。

アシストを呼ぶタイミングは「JHと同時にアシスト」で大丈夫です。
アシストヒット後は「JM>JH>236L」とやればもう1ループ可能です。
もしアシストが純粋ブウしか残っていないときは、ボールが当たっている間に自分の好みで締めましょう。

一応このようにすれば空中Hバックアタック締めも可能です。
236Lホールドを目離ししないといけないのでおすすめしません。

 

 

純粋ブウで青年悟飯アシストを使う

ただのお手軽コンボです。

劇的に伸ばすわけでもなく、ダメージの底上げをするわけでもありません。
「本来1ゲージかかるところを節約できる」「バニッシュによるゲージ回収補正を避けられる」「位置を入れ替えずに済む」という細かいメリットがあるだけです。
ですがまあ、非常に簡単なので覚えておくべきだと思います。

 

 

 

以上で青年悟飯と純粋ブウのシナジーについてはおしまいです。
もっと良い連携を知ってたり、現状の連携に明確な穴があったりしたら教えていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。